書を読んでクラブに行こう 玉井幸助(タマイコウスケ)公式ブログ

ラッパー/トラックメイカーの玉井幸助(タマイコウスケ)の公式ブログ。

Garagebandでベースの作り方 トラックメイク初心者が上達する方法⑨-4

そして、ベース
 
ベースは低音のメロディみたいなもの。
そして、初心者にはよくわからないもの、と以前教えた。
 
だけど、ベースを作るのは簡単。
そして作っていけば、どんどんわかるようになってくる。
 

ベースの定番。

つまり、多くの人がいいと思うやり方。
 
それは、
①白い鍵盤だけ使う
※コードが白い鍵盤のときだけ
 
②コードの基本になる音を使う
 
これを見て、あれ?メロディとほとんど同じじゃない?
と思った人はするどい。
 
そう、ベースは低音のメロディみたいなもの。
だから定番も似ている。
 
少し違うのは②コードの基本になる音を使う。
 
ここでいう、基本になる音というのは、コードを作るときに最初選んだ音。
 
例えば、ドの音を選んだら、それの2つ右の白い鍵盤の音(ミ)を押す。
 
それがコードの作り方。
 
だからド・ミのコードの基本になる音はド。
同じように、ソ・シのコードなら、ソ。
 
それをベースで鳴らす。
簡単やんね。
 

実際にベースを作る

じゃあ作っていこう。
メロディのときと同じように、自分の作ったドラム・コード・メロディを流しながら、定番ルールを守ってベースを作る。
 
よくわからないなら、なんとなくでオッケイ。
 
ベースが決まったら録音。
 
それを編集画面で2小節分の長さに調整→ループ。
 
はい完成!
 
これで!1曲完成。
 
超簡単やんね。
これが基本中の基本。
 
みんながすごいと思ってるトラックメイカーも、これとまったく同じことをして曲作りしてる。
 
あとは基本をアレンジしたり、複雑にすると、すごいトラックになる。
 
けど、基本は同じ。
 
だから、この方法でどんどん作っていこう。
 
▼限定動画!トラックメイク講座!情報が届く公式LINEアカウント!
*今なら登録者限定フリースタイルラップ動画プレゼント!
 
▼動画講座「トラックメイク初心者でも簡単に上達する方法」
トラックメイクが簡単にできるように、0からわかりやすく説明!
トラックメイクしたい人はぜひチェキ!
 
▼動画の内容を文字で確認したい人は以下のブログへ
 
▼3分で1曲とは?
作詞、作曲、録音、マスタリング、撮影を3分で同時に行い、1曲を完成させるタマイコウスケのパフォーマンス。タマイが面倒くさがり屋のため、全て即興で行われる。
トラックメイクとラップを同時にする 3分で1曲
 
▼玉井幸助(タマイコウスケ)って誰?
京都府宇治市出身。
ラッパー、トラックメイカーとして「タマイコウスケ」名義で音楽家の活動。
6才でピアノを始める。以後、ギター、ベース、ドラムの演奏。高校時代にロックバンド結成。
16才でラップと作曲を始める。初めての機材はMPC1000。
大阪の梅田のサイファーで10年弱フリースタイルラップの技術を磨く。
2012年渡米。以後、アメリカ(ニューヨーク、LA)、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、イギリス、中国、香港、ミャンマーキューバ等、世界各地でパフォーマンス。
2011 BBOY PARK under 20 準優勝。
2019年、Creepy NutsR指定もメンバーの梅田サイファー「Never Gets Old」参加。
 
帝塚山高等学校卒業。
自学でセンター試験平均91点獲得。
大阪芸術大学の映像学科へ。
日本ドキュメンタリー映画第一人者の「原一男」に師事。その後休学。
京都から沖縄まで野宿しながらの徒歩旅行をキッカケに退学。
2016年ソフトバンク大学入学。3ヶ月で自主退学。
2017年イギリスのオックスフォード大学に訪問。
 
作家として活動。
旅、読書術、お金、記憶術などについての本を出版。
著書10冊。
主著に「だから仕事がつまらない」「速旅多旅」等。
 
また読書好き。多いときは月4000冊読む。
速読講師の経験あり。
今、好きな作家は、東京大学法学博士で社会学者の小室直樹さん。
 
旅好き。
今まで世界18カ国に旅行・滞在。
初めての旅は高校時代に鈍行列車で行った熱海旅行。
初めての海外は2012年のアメリカ横断(LAからニューヨーク)。
2012年に地元の京都から沖縄まで野宿と徒歩で旅行。
以後、アメリカ、フランス、ドイツ、キューバ等、様々な国で野宿旅。
2017年に世界一周。
 
自身の知識、経験を活かして、人生をより自由に生きるための情報をYoutube等で発信中。

Garagebandでのメロディの作り方 トラックメイク初心者が上達する方法⑨-3

次はメロディ
 
メロディの定番
 
それは
・白い鍵盤だけ使う
ってこと。
※この条件は、コードが「白い鍵盤だけ」で構成されてるときだけ。
 
コード→白い鍵盤だけ
なら
メロディ→白い鍵盤だけ
ってことね。
(ちなみに、これを音楽用語でキーと言う。気になる人は調べてみて)
 
あとは、自分がいいなーと思うメロディを鳴らす。
 
じゃあ、てきとうにやっても、なんとなくいい感じになるはず。
 
もう少し具体的な方針がほしい人は、コードと同じ音を鳴らす、でやってみよう。
 
例えば、ドミのコードが鳴ってる。
なら、そこのメロディの最初はドから。
 
次、ソシのコードになったとき。
メロディをソの音からのに変える。
 
そんな感じ。
これは、何回もやってみればわかる。
 
みんな好きな歌を口ずさんだりするよね。
そのとき、この音がこうなって…とか考えない。
だけど歌える。
 
それと同じで、メロディも、なんとなくこれいい感じ…、というのを、繰り返していたらできるようになる。
 
ドラムやコードと同じように、録音→2小節分に調整→ループ
 
で完了。
 
超簡単。
じゃあ、次がラストのベース。
 
▼限定動画!トラックメイク講座!情報が届く公式LINEアカウント!
*今なら登録者限定フリースタイルラップ動画プレゼント!
 
▼動画講座「トラックメイク初心者でも簡単に上達する方法」
トラックメイクが簡単にできるように、0からわかりやすく説明!
トラックメイクしたい人はぜひチェキ!
 
▼3分で1曲とは?
作詞、作曲、録音、マスタリング、撮影を3分で同時に行い、1曲を完成させるタマイコウスケのパフォーマンス。タマイが面倒くさがり屋のため、全て即興で行われる。
トラックメイクとラップを同時にする 3分で1曲
 
▼玉井幸助(タマイコウスケ)って誰?
京都府宇治市出身。
ラッパー、トラックメイカーとして「タマイコウスケ」名義で音楽家の活動。
6才でピアノを始める。以後、ギター、ベース、ドラムの演奏。高校時代にロックバンド結成。
16才でラップと作曲を始める。初めての機材はMPC1000。
大阪の梅田のサイファーで10年弱フリースタイルラップの技術を磨く。
2012年渡米。以後、アメリカ(ニューヨーク、LA)、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、イギリス、中国、香港、ミャンマーキューバ等、世界各地でパフォーマンス。
2011 BBOY PARK under 20 準優勝。
2019年、Creepy NutsR指定もメンバーの梅田サイファー「Never Gets Old」参加。
 
帝塚山高等学校卒業。
自学でセンター試験平均91点獲得。
大阪芸術大学の映像学科へ。
日本ドキュメンタリー映画第一人者の「原一男」に師事。その後休学。
京都から沖縄まで野宿しながらの徒歩旅行をキッカケに退学。
2016年ソフトバンク大学入学。3ヶ月で自主退学。
2017年イギリスのオックスフォード大学に訪問。
 
作家として活動。
旅、読書術、お金、記憶術などについての本を出版。
著書10冊。
主著に「だから仕事がつまらない」「速旅多旅」等。
 
また読書好き。多いときは月4000冊読む。
速読講師の経験あり。
今、好きな作家は、東京大学法学博士で社会学者の小室直樹さん。
 
旅好き。
今まで世界18カ国に旅行・滞在。
初めての旅は高校時代に鈍行列車で行った熱海旅行。
初めての海外は2012年のアメリカ横断(LAからニューヨーク)。
2012年に地元の京都から沖縄まで野宿と徒歩で旅行。
以後、アメリカ、フランス、ドイツ、キューバ等、様々な国で野宿旅。
2017年に世界一周。
 
自身の知識、経験を活かして、人生をより自由に生きるための情報をYoutube等で発信中。

Garagebandでコードの作り方 トラックメイク初心者が上達する方法⑨-2


Garagebandでコードの作り方 トラックメイク初心者が上達する方法⑨-2

じゃあ次にコード

 

コードのおさらい

コードとは和音

つまり音を重ねたもののこと。

 

だから2つ以上の音を重ねる。

そして雰囲気を作る

 

それがコード。

 

そしてこれにも定番がある。

 

コードの定番

初心者は、

 

・白い鍵盤だけ使う。

1つの音を選んだら、その2つ右の白い鍵盤を同時に鳴らす

 

って決まりを守ろう。

なんで、この決まりが定番なのかは、ちょっと長くなる。(内容は簡単だけどね)

だから、また別の場所で詳しく解説する。今は省略ね。

 

とりあえず、

 

・白い鍵盤だけ使う。

1つの音を選んだら、その2つ右の白い鍵盤を同時に鳴らす

 

だけ守る。

超簡単やんね。

 

実際に作る

じゃあ、実際に作っていこう。

左下の+マークを押す。

そしてKEYBOADを選択。

 

すると鍵盤が出てくる。

鳴らすと音がするね。

 

和音がわかりやすいように、音色をピアノに変えておこう。

 

そして、何か一つ音を選ぶ。

白い鍵盤だけ使うのが定番ルール。

 

ド。

 

じゃあ、さらに定番ルール発動。

その2つ右の白い鍵盤を同時に鳴らす。

 

ミ。

 

つまりコードは

ド・ミ

 

これでOK

簡単やんね。

 

ちなみに、ドレミファソラシドわからなくてもいいよ。

何か1つ白い鍵盤選んで、その2つ右の白い鍵盤も鳴らす、ってこと。

 

それをもう1組選ぶ。

ソ。

するとコードは

ソ・シ。

 

ド・ミ

ソ・シ

 

あとはそれを最初に作ったドラムと一緒に弾く。

伸ばして引いてもいいし、短く引いてもいい。

 

それを2小節分弾こう。

2小節っていうのは、ガレージバンドに表示されてる目盛があるよね。

123、と並んでる。

それのこと。

2小節分やと、1から3まで。

 

日の丸の録音ボタンを押して、弾く。

 

そして、それを2小節分にたっぷして調節。

それをループ。

 

はいコード完成

簡単でしょ。

これでもう曲っぽくなってるよね。

 

 

ここにさらにベースとメロディを足していく。

 

▼限定動画!トラックメイク講座!情報が届く公式LINEアカウント!
*今なら登録者限定フリースタイルラップ動画プレゼント!
 
▼動画講座「トラックメイク初心者でも簡単に上達する方法」
トラックメイクが簡単にできるように、0からわかりやすく説明!
トラックメイクしたい人はぜひチェキ!
 
▼3分で1曲とは?
作詞、作曲、録音、マスタリング、撮影を3分で同時に行い、1曲を完成させるタマイコウスケのパフォーマンス。タマイが面倒くさがり屋のため、全て即興で行われる。
トラックメイクとラップを同時にする 3分で1曲
 
▼玉井幸助(タマイコウスケ)って誰?
京都府宇治市出身。
ラッパー、トラックメイカーとして「タマイコウスケ」名義で音楽家の活動。
6才でピアノを始める。以後、ギター、ベース、ドラムの演奏。高校時代にロックバンド結成。
16才でラップと作曲を始める。初めての機材はMPC1000。
大阪の梅田のサイファーで10年弱フリースタイルラップの技術を磨く。
2012年渡米。以後、アメリカ(ニューヨーク、LA)、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、イギリス、中国、香港、ミャンマーキューバ等、世界各地でパフォーマンス。
2011 BBOY PARK under 20 準優勝。
2019年、Creepy NutsR指定もメンバーの梅田サイファー「Never Gets Old」参加。
 
帝塚山高等学校卒業。
自学でセンター試験平均91点獲得。
大阪芸術大学の映像学科へ。
日本ドキュメンタリー映画第一人者の「原一男」に師事。その後休学。
京都から沖縄まで野宿しながらの徒歩旅行をキッカケに退学。
2016年ソフトバンク大学入学。3ヶ月で自主退学。
2017年イギリスのオックスフォード大学に訪問。
 
作家として活動。
旅、読書術、お金、記憶術などについての本を出版。
著書10冊。
主著に「だから仕事がつまらない」「速旅多旅」等。
 
また読書好き。多いときは月4000冊読む。
速読講師の経験あり。
今、好きな作家は、東京大学法学博士で社会学者の小室直樹さん。
 
旅好き。
今まで世界18カ国に旅行・滞在。
初めての旅は高校時代に鈍行列車で行った熱海旅行。
初めての海外は2012年のアメリカ横断(LAからニューヨーク)。
2012年に地元の京都から沖縄まで野宿と徒歩で旅行。
以後、アメリカ、フランス、ドイツ、キューバ等、様々な国で野宿旅。
2017年に世界一周。
 
自身の知識、経験を活かして、人生をより自由に生きるための情報をYoutube等で発信中。

即興作曲とフリースタイルラップ 3分で1曲「ナイスミドル」


即興作曲とフリースタイルラップ 3分で1曲「ナイスミドル」

▼限定動画!トラックメイク講座!情報が届く公式LINEアカウント!
*今なら登録者限定フリースタイルラップ動画プレゼント!
 
▼動画講座「トラックメイク初心者でも簡単に上達する方法」
トラックメイクが簡単にできるように、0からわかりやすく説明!
トラックメイクしたい人はぜひチェキ!
 
▼3分で1曲とは?
作詞、作曲、録音、マスタリング、撮影を3分で同時に行い、1曲を完成させるタマイコウスケのパフォーマンス。タマイが面倒くさがり屋のため、全て即興で行われる。
トラックメイクとラップを同時にする 3分で1曲
 
▼玉井幸助(タマイコウスケ)って誰?
京都府宇治市出身。
ラッパー、トラックメイカーとして「タマイコウスケ」名義で音楽家の活動。
6才でピアノを始める。以後、ギター、ベース、ドラムの演奏。高校時代にロックバンド結成。
16才でラップと作曲を始める。初めての機材はMPC1000。
大阪の梅田のサイファーで10年弱フリースタイルラップの技術を磨く。
2012年渡米。以後、アメリカ(ニューヨーク、LA)、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、イギリス、中国、香港、ミャンマーキューバ等、世界各地でパフォーマンス。
2011 BBOY PARK under 20 準優勝。
2019年、Creepy NutsR指定もメンバーの梅田サイファー「Never Gets Old」参加。
 
帝塚山高等学校卒業。
自学でセンター試験平均91点獲得。
大阪芸術大学の映像学科へ。
日本ドキュメンタリー映画第一人者の「原一男」に師事。その後休学。
京都から沖縄まで野宿しながらの徒歩旅行をキッカケに退学。
2016年ソフトバンク大学入学。3ヶ月で自主退学。
2017年イギリスのオックスフォード大学に訪問。
 
作家として活動。
旅、読書術、お金、記憶術などについての本を出版。
著書10冊。
主著に「だから仕事がつまらない」「速旅多旅」等。
 
また読書好き。多いときは月4000冊読む。
速読講師の経験あり。
今、好きな作家は、東京大学法学博士で社会学者の小室直樹さん。
 
旅好き。
今まで世界18カ国に旅行・滞在。
初めての旅は高校時代に鈍行列車で行った熱海旅行。
初めての海外は2012年のアメリカ横断(LAからニューヨーク)。
2012年に地元の京都から沖縄まで野宿と徒歩で旅行。
以後、アメリカ、フランス、ドイツ、キューバ等、様々な国で野宿旅。
2017年に世界一周。
 
自身の知識、経験を活かして、人生をより自由に生きるための情報をYoutube等で発信中。

Garagebandでのドラムの作り方 トラックメイク初心者が上達する方法⑨-1

 
まずドラム
実際のドラムの作り方。
 
これは超簡単。
 
じゃあ、実際に作りながら、用語も説明していこう。
 
まずガレージバンドを起動。
+マークを押して、新しい曲を作る。
そしてドラムのマークの画面に。
そこの「ビートシーケンサーをおす。
 
この「ビートシーケンサーを使ってドラムを作る。
 

テンポとBPM

まず曲には「早いか遅いか」という概念がある。
ドラムがすごいたくさんなってたら早く聞こえる。
あんまりなってなくと遅く聞こえる曲もある。
 
その曲の早い、遅いのことをテンポという。
 
再生ボタンを押すと、一定の速さでそのボタンをカーソルが移動していく。
この速さが曲のテンポ
 
じゃあテンポはどうやって決めてるのか?
それはBPMをチェックしたらわかる。
 
BPMとは?
すごい簡単。
Beat Per MInitusの略。
英語やから難しそうやけど、日本語に直すと単純。
Beat=拍(ドラムの音のこと)
Per Minitus=1分あたり
Beat Per MInitusとは、1分あたり何回、拍が鳴ってるか?という意味。
略すとBPM
BPM110なら、1分間に拍が110回鳴ってる。
 
これで曲のテンポがわかる。
BPM1なら、1分間に拍が1回鳴ってる。
超遅い。
BPM10000なら、1分間に拍が1万回鳴ってる。
早すぎ。
 
これがBPM
画面右上の歯車のマークから、BPMがチェックできる。
 
そしてBPMがわかればこの画面はすごい簡単。
四角いボタンが4つずつまとまってグループになってる。
そのグループが4つ並んでる。つまり四角いボタンは計16個。
 
音を聞いてみると、拍が鳴った時に、グループの最初のボタンを通っていく。
 
つまり、最初の拍が鳴って、その次の拍がなる。
その間に四角いボタン4つ分を通過するということ。
 
言い換えると、拍を4分割したのがボタン1つ分の早さ。
 
言葉にするとややこしくなるね。笑
 
でも大丈夫、簡単だから。
文章読んでもよくわからない人は、動画を見て自分で実践したら、すぐにわかっていく。
 
そして、このボタンを押すと、光る。
光ったところの音がなる。
 
いろんなボタンを押して、ドラムを作る。
 
 
 

定番がある

じゃあどうやって作ればいいか?
 
ぶっちゃけてしまうとなんでもOK。
君が「このドラムいい!」と思ったら、それでいい。
 
だけど、何事にも定番というのがある。
 
料理で例えてみよう。
 
ご飯に何をかける?
チョコレート!だって俺好きだもん!
 
なら、それでOKやんね。本人が美味しいと言ってるんだから。
 
だけど、多くの人は、チョコレートはちょっと…となる。
 
ご飯には、ふりかけ、梅干し、海苔…
そういう、多くの人が納得する組み合わせがるよね。
それが定番。
 
ドラムにも定番がある。
一番いいのは、定番を覚えてから、工夫する。
すると、すぐ曲を作れるから上達が速い。
 
ではドラムの定番はどんなのか?
 
それは
・キックが1拍目にくる
・スネアが偶数拍目にくる
ハイハットで曲のスピード感を表す
 
というもの。
これ超簡単。
そして、ほとんどの曲がこの定番を使ってる。
 
解説していこう。
まず、用語から。
 
キック。
これは低いドラムの音やね。
 
スネア。
中ぐらいのたんっ!って音。
 
高音でチチチチって鳴ってる、あれ。
 
まあ、音は聞いた方がわかりやすいね。
 
そしてキックを1拍目におく。
これは、ここからドラムが始まりますよ、という合図みたいなもの。
これが定番。
 
次にスネアを偶数拍におく。
つまり2拍目と4拍目の頭におく。
 
これでリズム感が出る。
 
最後にハイハット
これでスピード感が調節できる。
たくさんおくと速い感じ。
少ないと遅い感じ。
同じBPMなのに、そこでもスピード感が変わったりする。
面白い。
それがハイハット
 
はい完成。
もう!?
そうです。
 
すごい簡単でしょ?ドラムなんて。
 
この定番をもとに、あとは色々遊んでいく。
キックの音を増やしてみようか…
スネアを3拍目にしてみようか…
ハイハットを複雑にしてみようか…
 
いろんなバリエーションがある。
 
でも定番は同じ
それをちょっと変えてるだけ。
 

録音

はいじゃあ録音します。
ドラムを作ったら、日の丸の録音ボタンを押す。
するとドラムが流れて、録音される。
 
ビートシーケンサーの左から右までカーソルが行ったら、停止ボタンを押す。
 
そして、
そこでドラムを1小節分に調整する。
 
1小節っていうのは、簡単。
ガレージバンドに表示されてる目盛があるよね。
1、2、3、と並んでる。
それのこと。
1小節分やと、1から2までの長さ。
 
タップして長さを調整。
 
そしてそれをループ(繰り返し)させる。
タップして、「ループ」を押す。
 
すると、画面の端までドラムが並ぶ。
 
再生ボタン押してみよう。
ドラム鳴ってるね。
完璧です。
 
 
すごい簡単やね。
じゃあ次はコード。
コードも実は超簡単。
 
▼限定動画!トラックメイク講座!情報が届く公式LINEアカウント!
*今なら登録者限定フリースタイルラップ動画プレゼント!
 
▼動画講座「トラックメイク初心者でも簡単に上達する方法」
トラックメイクが簡単にできるように、0からわかりやすく説明!
トラックメイクしたい人はぜひチェキ!
 
▼動画の内容を文字で確認したい人は以下のブログへ
 
▼3分で1曲とは?
作詞、作曲、録音、マスタリング、撮影を3分で同時に行い、1曲を完成させるタマイコウスケのパフォーマンス。タマイが面倒くさがり屋のため、全て即興で行われる。
トラックメイクとラップを同時にする 3分で1曲
 
▼玉井幸助(タマイコウスケ)って誰?
京都府宇治市出身。
ラッパー、トラックメイカーとして「タマイコウスケ」名義で音楽家の活動。
6才でピアノを始める。以後、ギター、ベース、ドラムの演奏。高校時代にロックバンド結成。
16才でラップと作曲を始める。初めての機材はMPC1000。
大阪の梅田のサイファーで10年弱フリースタイルラップの技術を磨く。
2012年渡米。以後、アメリカ(ニューヨーク、LA)、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、イギリス、中国、香港、ミャンマーキューバ等、世界各地でパフォーマンス。
2011 BBOY PARK under 20 準優勝。
2019年、Creepy NutsR指定もメンバーの梅田サイファー「Never Gets Old」参加。
 
帝塚山高等学校卒業。
自学でセンター試験平均91点獲得。
大阪芸術大学の映像学科へ。
日本ドキュメンタリー映画第一人者の「原一男」に師事。その後休学。
京都から沖縄まで野宿しながらの徒歩旅行をキッカケに退学。
2016年ソフトバンク大学入学。3ヶ月で自主退学。
2017年イギリスのオックスフォード大学に訪問。
 
作家として活動。
旅、読書術、お金、記憶術などについての本を出版。
著書10冊。
主著に「だから仕事がつまらない」「速旅多旅」等。
 
また読書好き。多いときは月4000冊読む。
速読講師の経験あり。
今、好きな作家は、東京大学法学博士で社会学者の小室直樹さん。
 
旅好き。
今まで世界18カ国に旅行・滞在。
初めての旅は高校時代に鈍行列車で行った熱海旅行。
初めての海外は2012年のアメリカ横断(LAからニューヨーク)。
2012年に地元の京都から沖縄まで野宿と徒歩で旅行。
以後、アメリカ、フランス、ドイツ、キューバ等、様々な国で野宿旅。
2017年に世界一周。
 
自身の知識、経験を活かして、人生をより自由に生きるための情報をYoutube等で発信中。

具体的にトラックメイクをするための方針 トラックメイク初心者が上達する方法⑧

具体的にトラックメイクをするための方針 トラックメイク初心者が上達する方法⑧

 

トラックメイク上達するには
作業を楽にする
 
トラックメイクに必要なものは
メロディ・コード・ベース・ドラム
 
じゃあ具体的にどうやってトラックメイクするか?
 
それは…
 
スマホのアプリ「Garageband」を使う。
・12分で1曲を作る(時間を決めてやる)
・毎日1曲作る
 
これだけ。
これをやれば、トラックメイクが簡単に上達する。
 
一つずつ説明していこう。
 

スマホのアプリ「Garageband」を使う。

なぜGaragebandか?
 
まず、機能がしっかりしてる。
今まで話したように、
・トラックメイクに必要な4つの要素を作る機能
・録音機能
がキチンと備わってる。
 
次に、スマホで使えるから。
スマホで曲作りできたら楽でしょ?
パソコンやと、わざわざパソコンの前に座らないといけない。
けどスマホなら、通学・通勤中とか、いつでもどこでも使える。
 
そして、無料。
これも大事。
有料だったらみんなちょっと考えるよね。
お金稼ぐのは楽じゃない。
無料だと楽に始められる。大事。
 
そして、曲を作っていく。
 

・12分で1曲を作る(時間を決めてやる)

まず、思うのは「12分て短くない⁉」ってことだろう。
そう。短い。
だから効果がある。
 
なぜ、短い時間がいいのかというと…
 
楽だから。
 
楽なことは、上達するのに超効果がある。(以前話したね)
 
つまり
作業時間を短くする=楽にする=上達
 
なので、まず短い作業時間が必要。
 
じゃあどうやったら、短い時間で作業が終わるのか?
 
簡単。
最初から「〇分で終わらせる」と決めてしまう。
 
トラックメイクだと、
 
メロディに3分
コードに3分
ベースに3分
ドラムに3分
 
合計12分で終わらせるようにする。
 
なぜ時間を決めるのか?
それは「芸術には終わりがない」から。
 
例えば、食事。
これ終わりが明確にあるよね。
眼の前のご飯がなくなったら終わり。
または、お腹いっぱいになったら終わり。
 
けど、芸術は明確な終わりがない。
例えばピカソの絵とかは、落書きみたいに見える。
だけど、ピカソが「これでオッケー!」と思ったから終わり。
別の芸術家は「もうちょっと、色を足したらもっとよくなるのに…」思うかもしれない。
別の芸術家からすると、ピカソの絵はまだ未完成。
 
要は、芸術家本人が「これで終わり!」と思ったら、その芸術は完了になる。
ということは、人によって、気分によって違う。
 
そして、初心者は明確に「これで終わりやな」っていうラインにいきつけない。
なぜなら、実力不足だから。
なので、1つのトラックを作ると「ダサっ…もっと俺はかっこいいはず…どうしてだ?」となって、そのトラックをずっといじり続ける。
 
 
なぜトラックがダサいのか?
それは、経験値がないから。
つまり初心者だから。
 
じゃあ、どうすればかっこよくなるのか?
たくさんやる、しかない。
 
 
だから、初心者は「終わり」を意図的に作る。
すると、一つの作品をずっといじることがなくなる。
結果たくさんやるようになる。
すると上達が早い。
 
例を出すとわかりやすい。
 
A:1ヶ月間ずっと同じトラックをいじってる人。(1ヶ月1曲作ってる)
B:1ヶ月間、毎日1曲(計30曲)作った人。
 
Aは1ヶ月:1曲、6ヶ月:6曲、1年:12曲、作る。
Bは1ヶ月:30曲、6ヶ月:180曲、1年:360曲、作る。
 
絶対Bの方がうまくなるよね。
だから時間を決める。
初心者はそれのほうがうまくなる。
 
 
また、
12分で作曲なんか無理!
 
と思う人。
大丈夫。
最初できなくても、やってれば必ずできるようになる。
 
理由は簡単。
人間は慣れる生き物だから。
最初は時間が短いと思って、それを繰り返せば慣れてしまう。
 
例えば車。
車を住宅街の細い道路で運転すると、40キロでもはやく感じる。
でも高速に乗ると80キロが遅く感じる。
それは周りの車がみんな80キロ以上で走ってるから、その速さに慣れてしまうせい。
 
つまり、慣れると、人間の感覚は簡単に変わる。
 
 
だから、最初に時間を決めてしまう。
当然初心者だからミスする。
全然オッケー。
毎日やってれば、誰でも慣れてくる。
すると、あら不思議。
12分で1曲、簡単に作れるようになります。
 
これは僕の経験からも、確か。
僕はもともと、曲作りにめちゃくちゃ時間かけてた。
1曲作るのに1ヶ月とか、普通。
それで、曲作りがしんどく感じてたの。
だから全然曲作らない。
だって作るのしんどいから。
 
けど上達したいから、試行錯誤して、今まで喋ったようなことを考えた。
 
よし、短い時間に決めて、毎日やろう。
 
その結果どうなったか。
今は、トラックとラップ込みの曲を、3分で作れる。
ユウチューブで動画公開してるから、気になる人はそれを見てね。
 
だから、自信を持って言える。
 
やれば上達する。
作業を楽にすればやる。
楽にするには、時間を決めてやる。
 
だから、
時間を決めて毎日やれば、
 
上達します。
 
 

・毎日1曲作る

毎日やる。
これも上達に良いこと。
 
なぜかというと、毎日やると慣れるから。
慣れると、上達を邪魔してる「初めてを怖がる本能」が働かなくなる。
上達が簡単になる。
 
短い時間でできるようになるのが一番重要。
短い時間で作業が終われば、楽だから毎日やるのも簡単。
 
 
スマホのアプリ「GarageBand」を使う。
・12分で1曲を作る(時間を決めてやる)
・毎日1曲作る
 
これらの意味はわかったはず。
 
じゃあ次はもっと具体的。
GarageBand」を使って、どうやって曲作りするか。
これを話していこう。
 
▼オススメの関連記事
トラックメイクに必要なものとは? トラックメイク初心者が上達する方法⑦
 
▼限定動画!トラックメイク講座!情報が届く公式LINEアカウント!
*今なら登録者限定フリースタイルラップ動画プレゼント!
 
▼動画講座「トラックメイク初心者でも簡単に上達する方法」
トラックメイクが簡単にできるように、0からわかりやすく説明!
トラックメイクしたい人はぜひチェキ!
 
▼3分で1曲とは?
作詞、作曲、録音、マスタリング、撮影を3分で同時に行い、1曲を完成させるタマイコウスケのパフォーマンス。タマイが面倒くさがり屋のため、全て即興で行われる。
トラックメイクとラップを同時にする 3分で1曲
 
▼玉井幸助(タマイコウスケ)って誰?
京都府宇治市出身。
ラッパー、トラックメイカーとして「タマイコウスケ」名義で音楽家の活動。
6才でピアノを始める。以後、ギター、ベース、ドラムの演奏。高校時代にロックバンド結成。
16才でラップと作曲を始める。初めての機材はMPC1000。
大阪の梅田のサイファーで10年弱フリースタイルラップの技術を磨く。
2012年渡米。以後、アメリカ(ニューヨーク、LA)、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、イギリス、中国、香港、ミャンマーキューバ等、世界各地でパフォーマンス。
2011 BBOY PARK under 20 準優勝。
2019年、Creepy NutsR指定もメンバーの梅田サイファー「Never Gets Old」参加。
 
帝塚山高等学校卒業。
自学でセンター試験平均91点獲得。
大阪芸術大学の映像学科へ。
日本ドキュメンタリー映画第一人者の「原一男」に師事。その後休学。
京都から沖縄まで野宿しながらの徒歩旅行をキッカケに退学。
2016年ソフトバンク大学入学。3ヶ月で自主退学。
2017年イギリスのオックスフォード大学に訪問。
 
作家として活動。
旅、読書術、お金、記憶術などについての本を出版。
著書10冊。
主著に「だから仕事がつまらない」「速旅多旅」等。
 
また読書好き。多いときは月4000冊読む。
速読講師の経験あり。
今、好きな作家は、東京大学法学博士で社会学者の小室直樹さん。
 
旅好き。
今まで世界18カ国に旅行・滞在。
初めての旅は高校時代に鈍行列車で行った熱海旅行。
初めての海外は2012年のアメリカ横断(LAからニューヨーク)。
2012年に地元の京都から沖縄まで野宿と徒歩で旅行。
以後、アメリカ、フランス、ドイツ、キューバ等、様々な国で野宿旅。
2017年に世界一周。
 
自身の知識、経験を活かして、人生をより自由に生きるための情報をYoutube等で発信中。

トラックメイクに必要なものとは? トラックメイク初心者が上達する方法⑦

ここまでが説明。
じゃあ、この4つを作るのに、何が必要か。
 
それは、
 
・ドラムを作る道具
・メロディ・コード・ベースを作る道具
 
の2つ。
 
なんで、メロディ・コード・ベースは一緒になってるか。
 
それは音の高低がコントロールできたら、上の3つの要素は作れるから。
具体的に言うと、ピアノとかギターとかがあれば、それで作れる。
(だから、ピアノとかギターで弾き語りする人が多い)
 
そして、ドラムを作る道具も、メロディーとかを作る道具も、最近の音楽アプリやソフト(アップルのガレージバンドとか)には、両方入ってる。
カレーでいうと、ルーと一緒に必要な具材も全部セットで売ってる感じ。
 
だから、音楽ソフトを使えば、道具はそれだけでOK。
 
まとめると、
 
・音楽ソフトを使って
・ドラム、ベース、コード、メロディの4つのパートを用意する
 
トラックメイクに必要なことはそれだけ。
じゃあ、次は具体的に今から何をすればいいか?って話をしていくね。
 
 
 
▼限定動画!トラックメイク講座!情報が届く公式LINEアカウント!
*今なら登録者限定フリースタイルラップ動画プレゼント!
 
▼動画講座「トラックメイク初心者でも簡単に上達する方法」
トラックメイクが簡単にできるように、0からわかりやすく説明!
トラックメイクしたい人はぜひチェキ!
 
▼3分で1曲とは?
作詞、作曲、録音、マスタリング、撮影を3分で同時に行い、1曲を完成させるタマイコウスケのパフォーマンス。タマイが面倒くさがり屋のため、全て即興で行われる。
トラックメイクとラップを同時にする 3分で1曲
 
▼玉井幸助(タマイコウスケ)って誰?
京都府宇治市出身。
ラッパー、トラックメイカーとして「タマイコウスケ」名義で音楽家の活動。
6才でピアノを始める。以後、ギター、ベース、ドラムの演奏。高校時代にロックバンド結成。
16才でラップと作曲を始める。初めての機材はMPC1000。
大阪の梅田のサイファーで10年弱フリースタイルラップの技術を磨く。
2012年渡米。以後、アメリカ(ニューヨーク、LA)、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、イギリス、中国、香港、ミャンマーキューバ等、世界各地でパフォーマンス。
2011 BBOY PARK under 20 準優勝。
2019年、Creepy NutsR指定もメンバーの梅田サイファー「Never Gets Old」参加。
 
帝塚山高等学校卒業。
自学でセンター試験平均91点獲得。
大阪芸術大学の映像学科へ。
日本ドキュメンタリー映画第一人者の「原一男」に師事。その後休学。
京都から沖縄まで野宿しながらの徒歩旅行をキッカケに退学。
2016年ソフトバンク大学入学。3ヶ月で自主退学。
2017年イギリスのオックスフォード大学に訪問。
 
作家として活動。
旅、読書術、お金、記憶術などについての本を出版。
著書10冊。
主著に「だから仕事がつまらない」「速旅多旅」等。
 
また読書好き。多いときは月4000冊読む。
速読講師の経験あり。
今、好きな作家は、東京大学法学博士で社会学者の小室直樹さん。
 
旅好き。
今まで世界18カ国に旅行・滞在。
初めての旅は高校時代に鈍行列車で行った熱海旅行。
初めての海外は2012年のアメリカ横断(LAからニューヨーク)。
2012年に地元の京都から沖縄まで野宿と徒歩で旅行。
以後、アメリカ、フランス、ドイツ、キューバ等、様々な国で野宿旅。
2017年に世界一周。
 
自身の知識、経験を活かして、人生をより自由に生きるための情報をYoutube等で発信中。